あなたの配偶者や恋人の行動が怪しいと感じたことありませんか?
浮気や不倫など知られると気まずくなる行動を隠している方は、些細な行動もぎこちなくなるものです。
しかし「決定的な証拠」がない限り、悔い無く気持ちの整理を付ける事ができず、いくら悩んでも納得のいく解決は出来ません。

区切りをつけて新しい人生を歩み出すことや配偶者や恋人を取り戻しましょう。
そのために、当調査事務所があなたの強い味方となり、誠意を持った調査対応により決定的な証拠を見つけ、問題解決しましょう。

「浮気」・「不倫」とは

法律でいうところの「不貞行為」にあたり、探偵・興信所への相談の中で最も多い調査項目です。調査概要としては、あなたの配偶者や恋人などが、あなた以外の異性と浮気・不倫をしていないか調べる調査です。

こんなことはありませんか?

・携帯を肌身離さない。
・携帯の着信が鳴っても出ない。
・残業や休日出勤がやたらと増えた。
・服装やおしゃれに気を使うようになった。
・下着が派手になった。
・車の灰皿に知らない銘柄のタバコの吸殻がある。
・知らないお店や飲食店のレシートが出てきた。
・急に優しくなった。(または、よそよそしくなった。)
・言動に矛盾点が多い。

当てはまる行動がありましたら、注意が必要です。
確証がない場合、問い詰めますと警戒心を高めてしまいますので、まずは証拠を固めることをお勧め致します。最近では、SNSを通したやりとりで浮気・不倫が発覚するケースが増えております。

悩むだけでは、解決に至りません。

お客様から多くお寄せいただくのが、「もっと早くに相談しておけば・・・」のお声です。
男女の問題は、貴方だけでなく、いつの時代もどんな場所でも起こりえる問題です。
まずは、一人で悩む日々から一日も早く抜けだして下さい。

浮気調査とは

・あなたのご希望の日時を指定して頂き、その際対象者がどこで・誰と・何をしているのかを徹底的に調べます。
・同時に相手の住まい・勤務先・などを割り出すことも可能です。
・ビデオカメラ等を用いて浮気の現場を逃さず押さえます。

 

浮気問題を妻が起こした場合っていうのは夫による浮気とはかなり状況が異なる

浮気?という不安を自分では取り除けないので、「夫や妻が不倫・浮気しているのかしていないのか本当のことを調べてほしい」という望みを持っている場合に不倫調査を依頼するケースが少なくありません。不安や不信感をなくせない結果になってしまう場合も少なくありません。
要するに、プロの探偵事務所などの不倫・浮気調査となると、調査する相手ごとに浮気のパターンや回数、時間帯も場所も全然違うわけですから、調査日数などにも影響して調査費用も全然違うのです。
自分一人の力で間違いのない証拠をつかむのは、色々な要因で難しいことから、できるだけ浮気調査のときは、経験豊富で確実な調査をしてくれるプロの探偵等でやっていただくのがよろしいと思います。
調査料金の時間単価に関しては、探偵社それぞれで高いものも低いものもあります。けれども、料金がわかっても優秀な探偵なのか違うのかについては評価できないのです。何か所も問い合わせたり比べてみることも肝心だということをお忘れなく。
夫婦が離婚した場合、その後3年たつと、通常は相手に慰謝料を要求できなくなるのです。ということなので、仮に時効の成立直前なのであれば、できるだけ早く信用ある弁護士に相談するのがオススメです。

とにかく夫の浮気が間違いないとわかった際に、大切なことは妻、つまりあなたの考えであると断言できます。このまま夫婦生活を続けるのか、離婚して新しい人生を踏み出すのか。落ち着いて考えて、後年失敗したと思わないような選択が欠かせません。
万が一「ひょっとしたら浮気をしているのかも?」などと心配になっても、仕事をしつつ空いた時間だけで妻が浮気していないかを調べることは、考えている以上に厳しいことなので、離婚までに年月を費やす結果になるのです。
もう一度夫婦二人で相談しなければいけないとしても、加害者である浮気相手に精神的苦痛に対する慰謝料を請求する場合であっても、離婚を進める中で調停であるとか裁判の結果をよくするためにも、明確な客観的な証拠を入手していないと、前進しません。
「妻も自分を愛してくれているはずだ」「ほかの男と妻が浮気中!そんなことは想像できない」と思っている方が大部分だと思います。そうはいっても世の中では、不倫や浮気に走る女性が確かに増加の一途をたどっています。
子供がいる夫婦の場合、仮に離婚して子供の親権は夫側が取りたいのであれば、妻のほうが「浮気が元凶となり育児をしていない」といったことについての明確な証拠等も合わせて必要です。

実は慰謝料請求を受け入れてもらえないなんてことも珍しくありません。慰謝料を支払うよう要求して大丈夫か否かということになると、単純には判断できかねる状況が大半なので、経験豊富な弁護士から助言を受けておきましょう。
客観的に見て間違いのない証拠を突き止めるのは、体力や気力、それに時間が必ず必要になり、普通に仕事をしている夫が自分で妻が浮気しているところを見つけ出すというのは、きついと感じる場合がほとんどであるのでお勧めできません。
時々耳にする素行調査っていうのは、ターゲットの日常の行動を尾行・監視することで、どのような人間であるのかなどについてくっきりと調査することを目論んで行われる調査です。日常気が付かない事実を把握することが可能です。
浮気問題を妻が起こした場合っていうのは夫による浮気とはかなり状況が異なるんです。そういった問題がわかった時点で、もうすでに配偶者としての関係は修復できない状態になっている夫婦が多く、元に戻らず離婚をすることになる場合が少なくありません。
最近では、不倫調査に関しては、日常的に身近にみられるものになっています。それらはかなりの割合で、慰謝料などをしっかりとれるような条件の離婚のために動き始めている方が頼んでいるのが現状です。とっても頭のいいやり方と言っても過言ではありません。

スピーディーにうまく相手に察知されずに浮気の確実な証拠

精神的損害に対する慰謝料請求をするタイミングですが、不倫を察知した場合や正式に離婚することになったときしかないと思うのは誤解です。実際の問題で、決定したはずの慰謝料なのに離婚したら払われない、そんな状況になることもあるのです。
法律違反した際の被害額や慰謝料などの請求については、3年間が時効と民法によってはっきりしているのです。不倫を見つけたら、躊躇せずに最寄りの弁護士事務所に申し込めば、時効で請求できなくなるトラブルは発生しません。
スピーディーにうまく相手に察知されずに浮気の確実な証拠を握りたい方は、信用のおける探偵にやってもらうとうまくいくことでしょう。ノウハウも蓄積されていますし、調査に必要な機材についても完備しています。
調査を頼む探偵は、どこに頼んでも同じ結果なんてことは当然ですがありえません。トラブルの多い不倫調査の成否に関しては、「探偵探しの段階で予想できてしまう」このように判断して申し上げても言いすぎじゃないのです。
慰謝料として損害を賠償請求するときに必須の資格や条件をパスしている状態でなければ、請求できる慰謝料が非常に少額になるケースとか、もっと言えば浮気相手に対してまるっきり請求が不可能になるという場合もあり得るのです。

「妻とは愛し合っている。疑うなどできない」「自分の妻が浮気をしているっていうのは嘘か間違いに違いない」そう思ってらっしゃる場合が非常に多いと予想されます。しかしながら今、事実、人妻なのに浮気しているというケースがどんどん増加中です。
探偵が受ける依頼はその都度違うので、同一の料金にしたのでは、とても対応できません。しかもこれとともに、探偵社ごとで違うので、一層理解しにくくなっているのが現状です。
子供がいる場合の養育費や精神的苦痛への慰謝料を要求する場面で、自分が有利になる証拠を集めるとか、浮気相手は誰?という場合に行う割り出し調査、さらに浮気している相手の素行調査までお引き受けします。
自分でやる浮気調査のケースでは、調査に使うお金のスリム化ができます。だけど調査全体のクオリティーが高くないので、かなりばれてしまうという失敗の可能性があるのです。
改めて相手と相談するとしても、加害者である浮気相手に精神的苦痛に対する慰謝料を請求する場合であっても、離婚が決定した際に優位に立って調停・裁判を進めていきたい場合も、一目でわかる浮気を裏付ける証拠を用意していなければ、話が進むことはありません。

実は慰謝料請求を受け入れてもらえないこともあるんです。慰謝料を出すように主張することが可能か否かという点に関しては、簡単には回答することが不可能なことが普通なので、なるたけ早く弁護士を訪問してみてください。
いろいろと違うので、ひとまとめに扱うわけにはいかないのですが、不倫を端緒として離婚することになったカップルの場合の支払いを求める慰謝料の額は、大体100万円~300万円程度が普通の相場だと考えていいでしょう。
基本料金がリーズナブルだからということではなく、余分な費用は全体的に省いて、結果として費用の合計がどれくらいかということに関しても、浮気調査をする場合、とても重要になるのです。
不倫に関するトラブルの場合に必要な弁護士費用というのは、支払いを求める慰謝料の金額の違いにしたがって異なるのです。支払いを求める慰謝料が高いケースほど、支払う弁護士費用の内である着手金も高額なものになるのです。
相手側の人間は、不倫したことを重く受け止めていない場合が珍しくなく、呼んでも話し合いに来ないことが珍しくありません。だがしかし、本物の弁護士から文章が届けられた場合は、それではすみません。

もし夫の様子が今までと同じじゃない!とすれば

被害者であっても慰謝料の請求が承認されない場合も少なくありません。相手方に慰謝料請求できるケースなのかそうでないのかということについては、非常にデリケートな判断が必要な場合が非常に多いので、経験豊富な弁護士と相談しておくべきです。
夫婦が離婚した場合、その後3年過ぎることで、通常は慰謝料の支払いを要求できません。ですからもし、3年の時効完成ぎりぎりだったら、ぜひ大急ぎで専門家である弁護士に相談するのがオススメです。
結婚準備中の素行調査の申込だってよくあることで、お見合い相手や婚約者の普段の生活ということを確かめるなんてのも、以前とは違ってよく聞きます。調査1日に必要な料金は10万から20万円くらいだとお考えください。
特に不倫及び浮気調査を行っているときは調査が難しいハードな状態での証拠写真などの撮影がかなりあるので、それぞれの探偵社によって、尾行術のレベルとか撮影機材の差が相当大きいので、しっかりと確認してください。
できれば不倫調査については、信用のある探偵事務所に申し込むっていうのがオススメです。慰謝料は多ければ多いほどいい!すでに離婚裁判を視野に入れているという方の場合は、ちゃんとした証拠が必須なので、ぜひそうしてください。

もし夫の様子が今までと同じじゃない!とすれば、浮気のサインです。いつもいつも「仕事なんかつまらん」なんて愚痴っていたのに、鼻歌交じりに仕事に行くようなら、おそらく浮気だと思っていいでしょう。
昔の恋人から思いがけない慰謝料の支払い請求を起こされたとか、セクシュアルハラスメントの悩み、他にもさまざまなお悩み相談が世の中にはあります。一人だけで抱え込まないで、専門家である弁護士にご相談いただくのがベストです。
簡単に言うと、探偵社とか興信所で依頼する浮気調査に関しましては、ターゲットそれぞれでどのくらいの回数浮気するのか、どんなパターンなのかとか、浮気の時間帯とか会う場所まで違うので、かかった調査期間などで支払っていただく費用の額が違うという仕組みなのです。
頼むようなことなんでしょうか?何円くらいの費用かかるのかな?何日間待てばいいの?無理して不倫調査の依頼をしたとしても、証拠がつかめない場合はいったいどうなってしまうの?あれやこれや迷いがあるのは誰でも同じです。
妻による不倫が元凶の離婚の時でも、妻と夫が一緒に築いた財産のうち50%は妻の財産と言えるのです。だから、別れの元凶を作った側だから財産をもらえないなんてわけじゃありません。

離婚のための助言を受けている妻の理由の中で最も多いのは、夫の不貞行為(浮気・不倫)でした。夫の浮気を確認するまでは、自分には縁がない問題であると信じて疑わなかったとおっしゃる妻がほとんどの状態で、夫に完全に裏切られて、動揺を隠し切れない感情と怒りが心の中で渦巻いています。
なんとなくアヤシイなと感じ取ったら、今すぐ不倫・浮気の素行調査を依頼した方が最善策ではないでしょうか。調査にかかる日数が少なければ、調査にかかる料金だってリーズナブルになるのです。
どうも最近夫のすることや言うことが変化したり、なぜか突然「突然残業を頼まれて」といって、家に深夜まで帰ってこなくなった等、夫は浮気中じゃないかとつい疑ってしまいそうになる状況はいくつもあるのです。
ハッキリと正式な離婚をする前の場合でも、パートナーを裏切る浮気や不倫の事実があれば、慰謝料として損害賠償することも可能ですが、離婚をするケースの方が最終的な慰謝料が割り増しになりやすいという話はハッキリしています。
今回のことがあるまで、浮気や不倫を一回もしたことがない夫による浮気が事実であったなんてことになると、精神的なダメージも非常にきつく、不倫した女性も真面目な気持ちだと、離婚が成立してしまうケースも多いのです。